診療案内

診療内容

発熱の患者様のご来院

本日および2日前までに38℃以上の発熱のある方は必ず事前にお電話の上ご来院下さい。

以下の問診票をプリントアウト或いは手書きでご記入、実測の温度計で体温測定の上ご来院下さい。

付き添いの方も検温して、平熱である事をご確認の上ご来院下さい。

 

まず、お名前・生年月日・年齢月齢をお書き下さい

 

1、いつから何度の熱がありますか。発熱後毎日の最高体温をご記入下さい。

  解熱剤は使いましたか?最後に使ったのは何時ですか?

2、通園・通学の園・学校名は?そこで発熱のお子さんはいますか?

3、家族で発熱・かぜ症状の方はいますか?

4、発熱の数日から1週間前にどこかにお出かけしましたか?

5、熱以外の症状はありますか?

6、食欲はありますか?水分は飲めていますか?

7、最後に排尿があったのは何時ですか?

8、付き添いの方は何℃でしたか。

 

小さいお子さんは、自分で自分の症状を、正確に訴える事ができません。来院時、付き添われる方が患者様の普段の生活をあまりご存知ない方の場合は(失礼ですがお父様も)お母様が細かく保育園の状況等も含めて記載してきてください。本当に重篤な疾患が疑われる場合はなるべくお母様の付き添いをお願いいたします。

 新型コロナ感染流行時の電話による診療について

 あくまで新型コロナ感染流行時の特別対応です。本音を言えば、小児科医として電話診療はおこないたくありません。なぜならば、小児科は元々患者様本人が症状を教えてくれることなく、最も身近な保護者とはいえ、本人でない方の訴えで、診療致します。その上顔色・全身状態を直接診る事無く診療する事は小児科医として大変不安な事です。今回皆様の院内感染が心配との不安にこたえて熟考の上、下記のような子供さんの電話診療に対応する事と致しました。

1,原則再診で、当院3ヶ月以内に診療したことのある方。

2,乳児は不可。

3,処方はいつもの薬。処方期間は4週間を限度とする。

4,喘息発作時の薬剤・解熱剤等は1週間を限度として処方可能だが、症状改善しない時は必ず来院の事

5,保険証・医療証を用意して、FAX希望の薬局の電話番号をお教え下さい。処方箋は保護者が当院まで取りにくることも可能だが、そうでない場合はFAXした薬局へ原本を郵送する。次回来院時、郵送代を申し受けます。レターパックライト370円予定。当院極近隣の薬局の場合は、当院スタッフが原本を薬局まで持参いたします。

6,お手元に保険証・医療証を用意して熱を測定してからお電話下さい。

7,いつもと症状が悪化しているときは、呉々も電話での診療はお避け下さい。

8,お電話の時間は9時~10時を避けて下さい。来院の患者様がいらっしゃる時はお電話のかけ直しをお願い致します。

 


方針イメージ

 

 

小児科外来の患者さんのほとんどは感染症です。待合室での感染を極力少なくするため、予約制にしています。また、感染力が強い病気と考えられる患者さんは別の場所でお待ちいただいています。特に、3ヶ月未満の乳児は別室でまっていただいております。

 

 

一般診療
午前 9:00~12:00  午後 15:00~18:00 (受付は診療終了の30分前までです)火曜日・水曜日は乳児検診のため、午後の受付開始が火16時、水15時30分です。
乳児健診
火曜日14:00~16:00  水曜日15:00~15:30 予約制
予防接種
金曜日14:00~15:00 予約制  
 
BCG 水曜日 14:30~  予約制
 
乳児健診・予防接種とも予約はインターネット、電話でもできます。
乳児健診時に予防接種もできます
アレルギー外来
水曜日 17:00~  土曜日 9:00~9:30  学童優先。電話予約
夜尿症相談
電話でご予約下さい。日時は適宜
 

診療時間 当面の間17時30分で診療終了いたします

 
午前09:00~12:00 休診
午後15:00~18:00 ○* ○** 休診 休診

休診日:木曜・土曜午後、日曜、祝祭日  *16:00~ **15:30~

インターネット受付 http://e.inet489.jp/iizuka/

予約は予約ページからもできます。

診察券がない方は電話予約 03-5243-5888